factoring

2社間ファクタリングのデメリットとは?

2社間ファクタリングすなわち自社とファクタリング会社との取引なら、売掛金が発生している取引先に利用していることが知られません。そのため、取引に影響を及ばないため、安心することが出来ます。しかし、メリットといえるのはこれ以外に大きなものはありません。
むしろ、2社間ファクタリングは取引フローからは、銀行や貸金業者から融資を受けているのと同じです。売掛金を担保に前払いで資金を調達し、売掛金の入金後にファクタリング会社に支払するため、返済と同じと言えます。また、手数料も高く、売掛金の20%や30%になってしまえば、利息よりも高くなり、利用するメリットが無くなります。
そもそも、ファクタリング自体に貸金業法が適用されないこと、利息制限法にも該当しないため、手数料の割合について規制がありません。結果、利用する側に不利な条件となるケースもあります。また、ファクタリング会社が2社間での売掛金の譲渡を行った場合において、貸金業法に該当するものと見做され、貸金業法違反で摘発されることもあります。先ずは、2社間ファクタリングのメリットだけでなく、デメリットを理解して貸金業者から融資の方がメリットがあるのかどうかを比較することが重要です。

HEADLINE

MENU

SITE MAP