factoring

経営者が絶対にしっておきたい資金めぐりについて

現在会社を経営している人、これから会社をおこしたい人、経営者が絶対知っておきたいことに資金めぐりがあります。経営者だけでなくても、物を売ったのに資金がすぐに手元に入らないのは生活をする上でもとても困りますよね。
企業の売掛金のほとんどは、数ケ月あとの支払いになるので、手元に現金が入るまでは数ケ月かかります。お金が入らないのに経営者は仕入れや従業員の資金を支払いなどがあり、資金ぐりに大きく頭を悩ませます。そこで、経営者にとって資金めぐりに役にたつのが、ファクタリングです。
ファクタリングとは、会社の売掛金をファクタリング会社に売って、現金にかえることです。初めてファクタリングを利用する人は仕組みや利用の仕方をよく理解してから上手に活用するようにしましょう。ファリタリングには、2社間の契約の仕組みと3社間の契約にわかれています。どちらもすぐに売掛金を現金にすることができます。2社間は、ファリタリング会社の関係だけでお金が入りますが、3社間は、ファリタリング会社と売掛金支払い会社も契約に入ってきます。2社間との違いは、売掛金の支払いをファリタリング会社に払うのを、売掛金支払会社か、売掛金保有会社のどっちかに払うことになります。

HEADLINE

MENU

SITE MAP