factoring

運転資金が不足しているなら売掛金を現金に!

今月分の運転資金がどう計算しても足りない!こういったピンチは、特に中小企業の経営者の方にとって、身に覚えのある経験なのではないでしょうか。運転資金が足りないからと言って、いきなり銀行に駆け込んだところでおいそれは貸してくれません。そういう時、融資よりもはるかにロウリスクで資金を調達する方法があります。
それがファクタリングサービスです。このサービスは会社が持っている売掛金を買い取ってもらうことで、すぐに使える現金を融通してもらうというものです。売掛金は、所定の期日には必ず払ってもらえるお金を受け取る権利のことで、ファクタリング会社としてもそれなら回収不可というリスクを抱えることがありません。そのため、こういったサービスが成立しているのです。
ファクタリングは売掛金を買い取るサービスなので、負債(借金)という扱いにはなりません。負債のひとつ増えるだけで命取りになる中小企業にとって、この買い取りサービスはとても利用しやすい運転資金を調達する手段になっています。ただし、売掛金の全てが換金できるわけではありません。それにはいくつか条件がありますから、気になる人はファクタリングを扱う専門会社に連絡し、相談してみましょう。

緊急の資金調達も可能な売掛金の現金化

会社にとって資金調達というとやはり金融機関、または銀行を頼ることになるでしょう。ここで得た資金は借金に値するので利子を上乗せして返していくことになります。ですが最近はこれ以外の方法で資金調達をする方法が知られ始めています。それがファクタリングです。
ファクタリングは売掛金を企業に買い取ってもらうことで、資金調達を行うのです。売掛金はいずれ取引先からもらうお金であり、ファクタリング企業が現金化することで期日よりも早くお金を得られます。通常では取引先と決めた日にまとまったお金が支払われる売掛金。こちらの事情でお金が必要になったから早くください、と売掛金を現金化することは出来ません。むしろ経営大丈夫か?と取引先に怪しまれかねません。
ですがファクタリングによる現金化ならばそれはありません。取引先を含めた三社間でのファクタリングでは知られることになるでしょうが、二社間とのファクタリングならばこちらの事情を知られることなく、素早く資金調達をすることが可能です。得られる資金も最高で1億円という高額なものになっているので、必要な分を依頼することで緊急の資金を獲得出来ます。ただし調達の際にはファクタリング企業に手数料を支払うことになるので、その点には注意しましょう。

売掛金の資金化サービスは自営業者の強い味方

自営業者は上司からガミガミ言われないぶん自由に見えますが、その分業績不振や借金も自分で背負い込まなければなりません。特に個人でお店を開いている人は、軌道に乗るまでは綱渡り状態ということも少なくないのではないでしょうか。そういったお店に対して銀行は融資に対して消極であることがほとんどです。そんな時に役に立つのが、売掛金を資金化できる応急処置的サービスであるファクタリングです。今回はこの売掛金資金化サービスについて説明していこうと思います。
ファクタリングは、いわゆる借金とは違って担保や保証人を必要としないため、不動産がない、あるいはそこまでしてもらえるほど信用してくれる人がいない場合でも利用することができます。また、売掛金を資金化するわけですから、これは債権の売買取引になります。そのため一旦お金を受け取れば、金利も発生しませんし、返済義務もありません。また、銀行などの融資には日数のかかることが多いですが、ファクタリングは行動の早い会社だと即日で資金提供をしています。これなら一分一秒を争うような緊急事態に陥っても首の皮一枚繋がりますね。このように、ファクタリングは便利なサービスなのですが、もちろん売掛金は回収見込みのあるものでなければならない等、いくつか条件があります。細かい部分はサービス提供会社に問い合わせてみましょう。

HEADLINE

MENU

SITE MAP